×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小技の紹介の部屋   戻る

情報募集中です これはと思うテクニックがありましたらメールで教えて下さいねこのページで発表させていただきます。


お願い・是非・初心者や出戻りモデラーの為に簡単なテクニックを教えて下さい。長年モデラーをやっていると当たり前のことが、
初心者には結構なハードルになりますので、よろしくお願いします。
また初心者の方や判らないことが有れば教えて下さい、当方で判ることでしたら回答いたします。


項目
必要な物
説明
スミ入れの前に
すじをしっかり掘る


提供 ロスバッファ会長・鶴岡さん
ピンバイス・壁に絵を貼ったりするときに
使うピン(画鋲の大きいの)
Pカッター・千枚通し
筋彫りの基本は、Pカッターやラインエグレーバーで浅い筋を深く掘ります。
しかし力を入れすぎて、クニャッと曲がったりしてしまう人は、自家製のスジ堀り工具を自作します。
といっても、むずかい物ではなく、画鋲の針などピンバイスで挟んで使ってみたり
千枚通しの先をペンチで、L字型に曲げて針先を適当に鈍くしたりして掘ります。
コツは軽く3回くらいスジを掘ってからきちんとスジを入れること。

簡単なスミ入れ
その1

ガンダムマーカーのスミ入れ用のペン
黒・灰色・茶色 一本200円
水性の筆タイプも追加されました
説明の必要は全くなし、ガンダムなどのスミ入れ用に開発されたペンです。
油性のはどうしても塗料の皮膜を削ってしまいますので、アクセント程度で押さえておくこと
水性の筆タイプは、溝にそって塗った後すぐにふき取ります。
簡単なスミ入れ
その2
タミヤカラーのエナメル塗料(1本120円)
よく使う色は、黒・灰色・茶色などお好み
エナメルカラー用のX20番の溶剤
面相筆の細いの・塗料皿または空き瓶
綿棒(絶対必要)
この方法は基本です。
キットの塗装は、ラッカー系かアクリル系で塗装されている必要があります。

エナメル塗料を少量出して、X20(溶剤)で、水のように溶きます、ビショビショでかまいません
面相筆にそれを付けて、スジの上にチョンと置きます、すると液が毛細管現象でスジの中を走り
ますから、また届かなかった所にチョンと置きます。これの繰り返し

そして、スミがよく乾いたら綿棒にX20(溶剤)をつけて、先ほど筆を置いたところをそっと拭きます
これの繰り返しで、汚れが取れます。
マスキングゾルが
剥がしにくい時

提供 公道マイレッジマラソン 浦田さん
セロテープ 剥がしにくくなったマスキングゾルは、セロテープでベリっとやります、ピンセットやカッターの刃で
やるよりかは安全です。

↑・そうならない
   ために

提供 Niftysave 作作さん
セロテープ マスキングゾルを塗る前に、あらかじめはがし始める位置に小さく切った、テープを貼っておきます。
そして剥がすときに、そこをもってペリッとやると簡単に剥がれます。

飛行機の
   キャノピー塗り

提供 Niftysave 作作さん
爪楊枝 筆でキャノピーの枠を塗っている人にはお勧め
はみ出したら即!!爪楊枝ではみ出しをこする、たとえ少しぐらい乾いていてもOK
一度おためしあれ

なんでエポキシパテは
うまく固まらないの

提供 Niftysave 作作さん
混ぜ方を工夫してしましょう 何のことは有りません、ハサミで簡単に切って単純に指でクネクネしても、うまく混ざらないときが
あります。
そんなときは、粘土細工のように細くヒモの様にのばして、三つ編みのように編んでから混ぜてみ
下さい。(二つ編みですね・・・)
デカールタイプのシートベルトをちょっとリアルにする A


提供 ラリーオタクのハトマさん
デカールのシートベルト・デザインナイフ・ハサミ・メモ用紙・塗料少々 A・デカールからシートベルトを周りの余白を出来るだけ取るようにして、切り出す。
B・メモ用紙を、デカールのベルトの色に塗っておく
C・切り出したデカールを用意したメモ用紙に貼る(デカールの貼り方で貼る)
D・デカールが乾いたら、メモ用紙から長めに切り出す(後ろのロールバーまで延ばすなら、その長さを計算に入れて・・・)
E・切り出したデカールをシートベルトに接着剤を付けて貼る
以上で完成・適度に厚みがあり・本物らしくカーブしているシートベルトが完成


デカールタイプシートベルトをちょっとリアルにする B



提供 ラリーオタクのハトマさん
上記の物追加して、圧羽のカッターナイフ
アルミの缶ジュースの飲んだ後の缶

もしくは台所にあるキッチンの水漏れを防ぐアルミテープ・厚い物がよい
上記で作成したシートベルトのバックル部分を、アルミ缶で作ります
まずアルミ缶を切り開いて、平らに延ばします。
延ばしたアルミにサンドペーパーをかけ塗装を剥がします。
カッターであらかじめサイズを測っておいた金具をそれらしく切り出します。
先ほどの出来たシートベルトを金具に通し、接着剤で固定して完成

アルミ缶以外では厚めのアルミテープが手に入れば、裏紙を切り出さない状態で金具をそれらしく切り出し、貼ってやると言う手もあります。

どちらにしても根気と手先の器用さが必要です、どちらも無い人は素直にモデラーズあたりのシートベルトを買った方が正解かもしれませんね



 戻る